海外旅行で避ける服装とは?

海外旅行時の服装では、注意が必要ということをご存知ですか?普段は当たり前のように着ている服装でも、海外で受け入れられないことがあります。そのいくつかをご紹介します。 まず、ミニスカートやタンクトップなどの肌の露出が多い服装は避ける方がいいです。教会や寺院では、カジュアルな服装を禁止しているところもあり、挑発的になってしまうからです。毛皮やファーも避けた方がいい服装です。動物愛護の風潮がある国では、毛皮を身に着けていると、冷ややかな視線を感じたり、攻撃に合うかもしれません。服装に国旗やロゴなどが印刷されているものや、英語がプリントされている場合は注意が必要です。自分ではかっこいいと思っていても、その印刷されたロゴや文章で、相手を不快にする可能性があるからです。 最後に、ホテルでの食事の場合はカジュアルなものは避け、きちんとした洋服と靴を用意しておくようにしましょう。

海外旅行での安全対策とは?

海外旅行では、危険なこともあり安全対策は必要です。国が変わると、常識や法律、価値観が変わっていきます。特に日本人がやってしまいそうなことを紹介します。 まず、リュックサックを背負うことは避け、ショルダーバッグにするといいです。リュックサックは後ろが死角となり、知らない間に中身を取られてしまうことがあります。次に、パスポートのコピーは持参するようにします。海外旅行ではパスポートを紛失すると大変です。海外では、身分証明書を提示してホテルにチェックインをしますが、コピーでも大丈夫な場合はそちらを使用することで、パスポートの出し入れの機会を減らすことができます。最後にレストランで水を頼む時は、ボトルウォーターや炭酸水を頼むようにします。水だけを頼むと、水道水などになるためお腹を壊す心配があります。